Notice: Undefined variable: post in /home/marhaba/moro2morocco.com/public_html/wp-content/themes/sango-theme-poripu/functions.php on line 12

Notice: Trying to get property 'ID' of non-object in /home/marhaba/moro2morocco.com/public_html/wp-content/themes/sango-theme-poripu/functions.php on line 12

Notice: Undefined offset: 4 in /home/marhaba/moro2morocco.com/public_html/wp-content/themes/sango-theme-poripu/library/functions/prp_content.php on line 21

Notice: Undefined offset: 4 in /home/marhaba/moro2morocco.com/public_html/wp-content/themes/sango-theme-poripu/library/functions/prp_content.php on line 33

【事前に準備しよう】英語が通じずらいモロッコで、言葉のトラブルを回避する方法


Notice: Undefined offset: 4 in /home/marhaba/moro2morocco.com/public_html/wp-content/themes/sango-theme-poripu/library/functions/prp_content.php on line 21

Notice: Undefined offset: 4 in /home/marhaba/moro2morocco.com/public_html/wp-content/themes/sango-theme-poripu/library/functions/prp_content.php on line 33

Notice: Undefined variable: return in /home/marhaba/moro2morocco.com/public_html/wp-content/plugins/kojika-balloon-creator/library/kjk_balloon_sc.php on line 84

Notice: Undefined variable: return in /home/marhaba/moro2morocco.com/public_html/wp-content/plugins/kojika-balloon-creator/library/kjk_balloon_sc.php on line 84

Notice: Undefined variable: return in /home/marhaba/moro2morocco.com/public_html/wp-content/plugins/kojika-balloon-creator/library/kjk_balloon_sc.php on line 84

Notice: Undefined variable: return in /home/marhaba/moro2morocco.com/public_html/wp-content/plugins/kojika-balloon-creator/library/kjk_balloon_sc.php on line 84

Notice: Undefined variable: return in /home/marhaba/moro2morocco.com/public_html/wp-content/plugins/kojika-balloon-creator/library/kjk_balloon_sc.php on line 84

Notice: Undefined variable: return in /home/marhaba/moro2morocco.com/public_html/wp-content/plugins/kojika-balloon-creator/library/kjk_balloon_sc.php on line 84

Notice: Undefined variable: return in /home/marhaba/moro2morocco.com/public_html/wp-content/plugins/kojika-balloon-creator/library/kjk_balloon_sc.php on line 84

Notice: Undefined variable: return in /home/marhaba/moro2morocco.com/public_html/wp-content/plugins/kojika-balloon-creator/library/kjk_balloon_sc.php on line 84

Notice: Undefined variable: return in /home/marhaba/moro2morocco.com/public_html/wp-content/plugins/kojika-balloon-creator/library/kjk_balloon_sc.php on line 84

Notice: Undefined variable: return in /home/marhaba/moro2morocco.com/public_html/wp-content/plugins/kojika-balloon-creator/library/kjk_balloon_sc.php on line 84
おさむ
モロッコで、メインで話されるのは、アラビア語モロッコ方言。これ、通称、ダリジャって言います。次いでベルベル語フランス語なんですが、じゃあ、英語って全く通じないのか?って言ったらそんなこともないので、そのあたり詳しく説明しつつ、旅行前に準備しておいた方が良いことをお伝えします!

サラーム!こんにちは、おさむです。
今日はお話ししたいのは、モロッコの言葉のはなしです。

よくこんな質問をもらいます。

よくある質問
・モロッコではどんな言葉が日常生活で話されているの
英語しか話せない、いや英語もかなりあやしいんだけど、モロッコ旅行は大丈夫?
・実際に言葉がわからないことでどんなトラブルがあったか知りたい…

このあたり、モロッコに長期滞在しているので、実体験をもとに、書いてみます。

モロッコで話される言葉

アラビア語モロッコ方言(ダリジャ)

モロッコ方言アラビア語

モロッコ全土で話されているのが、モロッコ方言アラビア語です。これを通称、ダリジャ(Darija)ってよんでいます。

このダリジャ、おんなじモロッコ国内でも、場所によって方言があります。全くコミュニケーションが取れない…というほどではないんですが、あーあなたはモロッコの◯◯エリアから来た人だね!っていうのはわかる程度の違い、はあります。日本語の方言と近いです。

あい
例えばアラビア語の文法で言ったら、未来形(Will)の使い方だったり、細かい言い回しが違ったり。イメージとしては、東京弁と大阪弁、九州弁(博多弁)の違い、ぐらいのものだと考えてください!
ヤスミン
言ってることは文脈で理解できる。だけど、ときどき聞き慣れない言葉がぽろっと出てきたりする。そんな感じですね!

あともう1つ!

重要な点としては、このモロッコで話されるダリジャは、基本、話し言葉として使われます。なので、モロッコのTV番組(ドラマやニュース)はほとんどダリジャでやっているんですが、一方で、読み物(新聞や雑誌、webメディア)は…というと、これは、ダリジャではありません。通常のアラビア語を話す国と同様の、正統アラビア語(フスハー)が使われますダリジャ(話し言葉)をそのまま書き言葉として使うことは、滅多にありません。

モロッコのタクシー

上の写真は、モロッコのタクシーの窓ですが、書かれているアラビア語は、ダリジャではなく正統アラビア語(フスハー)ですね。「タクシーのドア、優しく閉めてね」って書いてあります。

ラミア
まあでも、最近のモロッコの若い人たちは、結構SNSでダリジャのまま書いてたりするけどね。ウェブ広告とかも文字がダリジャっていうケースも多くはなってきてる。時代は少し変わってきてるかな
ヤスミン
このあたりの、モロッコの言葉を教育現場ではどうするべきか?って話は、ずっとモロッコではホットな話題で、賛否両論あるテーマです

フランス語

フランス語のメニュー

フランス語は、モロッコの公用語ではないのですが、モロッコ全土で広く話されている言語の一つです。理由としては、モロッコが1956年までフランスの植民地だったからですね。

じゃあ道端の人がフランス語がみんな流暢に話せるかって言ったら、そんなこともないですね。みんなダリジャがメインです。ただ、公務員や企業勤めの人は、基本、フランス語話せます。

今でも、教育省を初め、多くの行政機関では、フランス語の文章でやり取りするケースが多いです。また外資系企業でも、フランス語が共通語として話されるケースがほとんど。

あと、補足でもう1つ言うと、このフランス語が話せるかどうかっていうのが、モロッコの仕事のキャリアにかなり影響すると言われています。日本で言うと、英語が話せることで就職活動の幅が広がり、その後のキャリアの選択肢も広がる…という感じに似てますね。

なお
田舎の方に行くと、すっごいおじいちゃんが流暢なフランス語で話しかけてきたりするケースあった。おじいちゃんはおそらくフランス語で教育を受けていた世代だったんだろうね

ベルベル語

ベルベル語

モロッコでは、ダリジャ、フランス語の他に、このベルベル語という言語があります。

文字が絵文字みたいで可愛い言葉なんですが、まあ難しい。自分もしっかりと理解できないです。ベルベル語と、モロッコ方言アラビア語(ダリジャ)、文法も単語も何もかも、全然違います・・・。ここは完全にお手上げですね。

このベルベル語、エリアによって3タイプ(3方言)に分けられます。で、この方言ごとに、まーーたく違います。会話ができないレベルです。

砂漠のラクダ引きの兄ちゃんと、シェフシャウエン付近の兄ちゃんとでは、同じベルベル語でも全然違うので会話できないって感じです。なので、結局ベルベル系の人も、ダリジャを混ぜつつ地域ごとのベルベルごで会話することがほとんどです。

おさむ
ちなみに、自分が住んでいるアスニ村という場所は、まさに、ベルベル語(Tachilhit)が主要言語の村です。

参考:ベルベル語の音楽

その他の言語

その他の言語として、スペイン語と英語があります。

スペイン語は、モロッコの北エリア(タンジェ、テトワン、シェフシャウエン)では、もしかするとフランス語より広く話されてるんじゃないか?っていうぐらい普通に日常生活でスペイン語が聞こえてきます。もちろんメイン言語はダリジャではあるんですが。

英語の場合は、観光業で生活している人であれば、流暢さは程度がかなーーりありますけど、英語をちゃんと話せる人、あるいは、俺は英語が話せるぞって主張してくる人は多いです笑。

星4レベルはもちろん英語OKですし、安宿でも、たいていのフロントでは英語で対応してくれるはずです!ヨーロッパからの旅行者を多く受け入れてますので!

ヤスミン
最近ではIT系の企業がモロッコに多く進出してるという背景があるのか、大学生レベルであれば、英語がかなり流暢に話せる人も多いよ!

そして言葉が混ざってくる

アラビア語、モロッコ方言アラビア語、フランス語、ベルベル語、、、。

書いてて疲れるぐらい、モロッコは、言語的にはかなりタフな国であるのは間違いないです。そして、その複数の言葉が混ざってきます。

モロッコの人は無意識のうちに、フランス語で話しをしてても、単語がアラビア語だったり、白熱するとダリジャになったり…まあ複雑、というかはちゃめちゃです。わからないことがわからないレベル。質問しようにも、何語かがそもそもわからない。。

そんな言語的には結構タフな国なのが、モロッコなんです。

英語しか話せないけど、大丈夫?

マラケシュ風景

そんな言語的にタフな国、モロッコ。

ただ、観光地をメインに旅行されるのであれば、英語だけ話せればOKです!

レストランの注文は、メニューをみながら、これとかあれとかジェスチャー+英語でOKですし、モロッコなお土産を探しにスーク(市場)に行ったとしても、たいていのお店の人は英語でも会話できます(もちろんその程度は微妙ではありますが)。ダリジャやフランス語が話せなくても、密度の濃いコミュニケーション、モロッコ体験はできます。

ただ、英語しか話せない状況で困ることがあります。それは緊急なとき、あるいは生死に関わるような重要なとき、です。

例えばこんなとき。

旅行中のトラブル
スリにあって、警察に届け出を出さないといけない
・変な人に暴力を振るわれた(だまされた)
体調が悪くて起き上がれない。

こう言ったときに、こちらの状況を、やんわりとではなく、しっかりと相手に伝える必要が出てきます。こういったときには、やはり英語だけ…ではどうしても相手に伝わりません。

日本を旅行する外国人旅行者をイメージするとわかりやすいと思います。

日本で旅行中のアメリカ人が、何かトラブルや体調を崩してしまったときに、全て英語だけで旅行できるかっていうと微妙ですよね。病院で英語で流暢に対応してくれるところなんて数少ないですし、警察で被害届を出すっていうのもかなりハードルが高いはず。

モロッコ旅行も同じです。なので、そういった緊急の場合に備えて、モロッコに来る前に準備しておく必要はあるかなと思っています。

あい
私も、日本の友達がモロッコに遊びに来たときに、食事中に、卵アレルギーがあること教えてもらって。そのお店の人は、英語が通じなくて、なんとかググったりしてこっちの状況を伝えたよ。英語だけではその時はダメだった…

言葉のトラブルを回避するために

ジャマエルフナ広場

繰り返しになりますが、モロッコ旅行は、英語だけで、あるいは最悪英語ができなくたって楽しめます。ただ、緊急時、あるいはめっちゃ重要なことを伝えたい場面では、英語だけだと厳しいです。ですので、こういったときのために、次に紹介した3つを事前に準備しておいてください。

1.緊急時のメモ(できればフランス語で!)

1つ目は、財布やパスポートを無くしてしまった場合や、自分が体調を崩したとき。そのときに必要になってくる情報をメモした紙(あるいは手帳)を用意しておくことです。緊急時には、頭が動転しますので、こういったメモがあると安心です。

自分の場合ですが、どの国に行く時でも、以下の項目は手帳やノートに、複数、メモをしています。Google翻訳程度で良いので、英語+フランス語にも訳しておくとなお良いです!

メモしておくこと
・パスポート番号
・服用している薬
・アレルギー
・過去にかかった病気

2.信頼できる人(場所)

旅行中、あるいは滞在中に、1人でいいので、信頼できる人、あるいは信頼できる場所を探してください!何かあったらこの人に頼ろう!この場所の人に頼もう!頼っても大丈夫!最悪この人に騙されたら仕方ない!許せる!それぐらい信頼できる!

そういう信頼できる人(場所)がいることは、言葉が話せる以上に重要です。

事前に電話番号を教えてもらって、何か困ったことがあったら、そこにすぐ電話しましょう!ツアーでモロッコ旅行に来るのであれば、ガイドさん(あるいはドライバーさん)がその存在ですね。

もしモロッコに全然馴染みがない…滞在も長くない…という場合は、在モロッコ大使館の連絡先、これを必ず控えておいてください。大使館が対応してくれます。

モロッコの大使館情報
ホームページはこちら
ラバトの住所はこちら
電話番号(代表):(モロッコ国内からの場合) 0537-63-1782(83,84)
おさむ
緊急だとすぐ対応できないかもしれないですが、何か困ったことがあれば、おさむのツイッターにDM頂ければ対応します!もちろん対応できないこともありますけど!DM開放してるのでお気軽にどうぞ!

3.グーグル翻訳できるスマホ

スマートフォンを持っていく場合は、やはりグーグル翻訳が一番便利。オンラインで利用でもいいですが、やっぱりアプリが便利なので、事前にアプリ取得しておきましょう。

アンドロイド版はこちら
iOS 版はこちら

細かいニュアンスは伝わらないですけど、こっちが何を言いたいのかっていう大きなところは、このアプリ使えば、80%は通じ合える気がします。変なはなし、モロッコの人からグーグル翻訳出してくる場合もあります。

この人と仲良くなりたい…って時は、積極的に使って見てもいいと思います!相手も入力してくれるはずなので。

あと、Googleと言えば、Googleの画像検索は本当に便利です。探してるものがあったときに、その写真をググって見せると、あーこれね!ってなります!モロッコの人は、文字情報より、写真情報の方が得意です!

【おまけ】旅の指さし会話帳

最後はおまけとしてですが、ぜひ荷物に余裕があれば、「旅の指さし会話帳 モロッコ版」を持っていると安心です。

この本の何が優秀かというと、困った時の指さしとしても使えるのはもちろん、アラビア語の基本的な会話集としても使えますし、索引も充実しているので単語集としても使えるんです。本当に便利!手元にあるとかなり安心です!

さいごに

いかがだったでしょうか?

英語だけでも、あるいは英語があまり話せなくても、モロッコ旅行は楽しめます。

ただ、同時に少し用意が必要です。特に緊急時の時ですね。モロッコに来る前に、さくっと準備してもらえたらバッチリだと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


Notice: Undefined offset: 4 in /home/marhaba/moro2morocco.com/public_html/wp-content/themes/sango-theme-poripu/library/functions/prp_content.php on line 21

Notice: Undefined offset: 4 in /home/marhaba/moro2morocco.com/public_html/wp-content/themes/sango-theme-poripu/library/functions/prp_content.php on line 33